日技会長・副会長・監事決定する

平成16年度第81回代議員会において会長・副会長・監事選挙が行われ、下記のとおり決定いたしました。
会長
候補者名 得票数 所属 主たる経歴
当選 中西 茂昭 53票 大阪 現 日技会長
三国  努 26票 東京 現 日技連盟副会長
棄権1票

続投が決まった中西茂昭会長         
副会長
候補者名 得票数 所属 主たる経歴
高橋 俊秋 17票 茨城 現 茨城県技会長
当選 白岩  勝 23票 兵庫 現 日技連盟副会長
当選 丸山  功 22票 愛知 現 愛知県技会長
御崎 勝雄 4票 神奈川 現 日技連盟総務
伊藤 保太郎 14票 東京 現 日技副会長
斎木 好太郎 会長指名 現 日技副会長
白岩  勝 新副会長 丸山  功 新副会長
監事
候補者名 得票数 所属 主たる経歴
伊藤 正弘 12票 北海道 現 日技監事
当選 平野 良治 26票 三重 元 日技副会長
当選 田中 一郎 22票 山口 前 山口県技会長
国府田 知生 20票 東京 現 日技連盟副理事長
平野 良治 新監事 田中 一郎 新監事
投票風景 開票状況
開票結果 当選者

中国ブロック協議会において日技役員選挙立会演説会開催される

平成17年2月27日(日)岡山県市民会館において午前中平成17年度第2回中国ブロック協議会が開催された。
昼食をはさんで午後から日技役員候補者を招いて、一人20分の持ち時間で所信表明及び、質疑が行われた。残念ながら全候補の出席はかなわなかったが、各候補者の生の声を聞き、来月行われる役員選挙に向け、各候補の業界に対する思い、日技に対する思いなど、貴重な意見を伺えることができた。
以下に当日ご出席いただいた候補者の氏名及び顔写真を掲載する。
尚、掲載順位は立会演説会順とする。
監事候補 平野 良治 氏
副会長候補 白岩 勝 氏 伊藤 保太郎 氏 御崎 勝雄 氏 高橋 俊秋 氏
会長候補 三国 努 氏 中西 茂昭 氏



日本歯科技工士会役員選挙候補者決定

会長
候補者名 年齢 所属 主たる経歴 所信・略歴
中西 茂昭 56 大阪 現 日技会長 Go
三国  努 61 東京 現 日技連盟副会長 Go
副会長
候補者名 年齢 所属 主たる経歴
高橋 俊秋 54 茨城 現 茨城県技会長
白岩  勝 67 兵庫 現 日技連盟副会長
丸山  功 62 愛知 現 愛知県技会長
御崎 勝雄 64 神奈川 現 日技連盟総務
伊藤 保太郎 65 東京 現 日技副会長
監事
候補者名 年齢 所属 主たる経歴
伊藤 正弘 66 北海道 現 日技監事
平野 良治 67 三重 元 日技副会長
田中 一郎 57 山口 前 山口県技会長
国府田 知生 60 東京 現 日技連盟副理事長

平成17年新年互礼会開催される

平成17年1月9日広島インテリジェントホテルにて広島県歯科技工士会新年互礼会が開催された。
当日は中西茂昭日技会長もお忙しい中駆けつけていただき、会員との交流も図られた。
また、例年通りカービングコンテストの表彰式も併せて行われた。今年度は歴代のカービングコンテスト受賞作品も展示され、多くの方が見入っておられた。

広島県歯科技工士会会長 藤田一朗 日本歯科技工士会会長 中西茂昭氏 広島県歯科医師会常務理事 森田知夫氏
今年度は過去の受賞作品が展示された


新年のご挨拶

会長 藤田一朗

会員の皆様、新年おめでとうございます。さて、昨年は本会にとって新しい歴史の幕開けとなりそうでしたが、残念な結果に終わりました。
皆様には、物心両面においてご支援ご協力いただき感謝しております。我々の今回の努力が実らなかった結果、虚しさ、脱力感あるいは本会や連盟に対する不信感等多くの耐え難い試練が待ち受けておりました。しかしながら、歯科技工士の現状を改善する方法としては、最後の手段であるという判断は間違いではなかったと思っております。引き続き運動を展開したいと思っております。
また、日技実態調査において入会の理由第1位は、情報の共有という結果が出ております。
その点におきまして、昨年度より、電子メールおよびFネットによるFAX一斉送信で情報の提供を実施いたしました。既に登録されている方は体験されておられることと思います。
しかしながら登録数は、会員数の約半分といったところで、未登録会員への連絡には、各支部長にご負担をおかけしております。一人でも多くの方の登録をお願いします。
電子メール、県技ホームページによる情報配信の普及を目指し、昨年お約束いたしましたパソコン教室も今年は是非とも開きたいと考えております。
組織拡充に関しましては、新卒者入会制度により、1年間体験していただいておりますが、多くの方に引き続き残っていただいております。退会者も減少傾向にあります。退会理由として、会員であることの意義をみいだせなくて退会される方がおられます。与えてもらうだけでなく、自ら意義をみいだしていく努力も必要ではないかと思います。生涯研修会や各支部の行事に、最初は億劫ですが、せっかく入会しているのですから一度は参加してみることも必要ではないでしょうか。
また、本年は日技創立50周年です。9月には、東京で盛大に記念式典が開催される予定です。多くの方の参加をお願いいたします。
最後になりましたが、この一年が皆様にとって素晴らしい年となりますよう心よりお祈りいたします。


尾道歯科医師会講演会のご案内

日 時   9月26日(日) 9時30分〜15時(1時間程の昼食タイムあり)
場 所   尾道国際ホテル TEL 0848-25-5931 (駐車場あり)
演 題   「誰にでもできる下顎総義歯の吸着」   阿部二郎先生

出席される方がおられましたら、所属、ご芳名、昼食のお弁当(¥1500)の要・不要 をご記入の上、 9月10日必着にて、尾道市歯科医師会(FAX 48-2648)あてにご連絡下さい。(資料の余分は用意できませんので必ず出席を返送の上、ご参加下さい)

講師略歴

1955 宮城県仙台市生まれ

1981 東京歯科大学卒業後、矢崎歯科医院に勤務

1982 東京都調布市開業

矢崎秀昭先生、染谷成一郎先生らに学び、現在に至る。

主な役職:日本顎咬合学会常任理事
       日本臨床刺繍療法集談会(JCPG)常任理事

最近の主な著書:

・ 無歯顎臨床―技をぬすむ― 装着時の調整 デンタルダイヤモンド 115− 126,Vol.23,No.320,1998.

・ 無歯顎の臨床 解剖学的人工歯とフラットテーブルの下顎位修正機序の違 い,顎咬合誌,20:62−70,1999.

・ 舌骨位を判定基準とした無歯顎者下顎位安定度の予知的診断法,補綴誌,4323−331,2000.

・ 総義歯の臨床 ―下顎総義歯を吸着させるために―, 日本歯科評論 159174,Vol.679,125−139 ,Vol.680,141−157 ,Vol.681,1999.

・ 臨床で求める無歯顎者の下顎位,日本歯科評論

  基本的な咬合採得の術式 127−136,Vol.61(3),2001.

  咬み合わせがズレる理由とその修正法 123−130,Vol.61(4),2001.

  治療義歯の活用とその臨床 109−116,Vol.61(5),2001.

講演抄録:

 無歯顎患者を相手に総義歯を作ろうとするとき、いつも問題となるのは下顎で、下 顎総義歯がうまくできれば無歯顎治療は成功といっても過言ではないでしょう。歯科 医師誰もが苦い経験をするように完成義歯装着時に口を開く度に浮き上がってくる義 歯を調整する時ほどストレスを感じる事はありません。反対に下顎総義歯が顎堤に吸 着すると大変楽に咬合調整が行えるので義歯の具合がいっそう良くなり‘患者も満足 ’、‘術者も満足’といったなんともいえない成功感が漂います。誰もがうまくいっ たと胸をなでおろすでしょう。
 一般的に無歯顎治療の成功や失敗は、術者の技術と患者の持つ条件に左右されます が、ここ近年、無歯顎者の顎堤がどんどん悪くなっているにもかかわらず下顎総義歯 が吸着し患者に喜ばれたという話を耳にすることが多くなりました。それは偶然なの でしょうか、あるいは何か特殊なテクニックが隠されているのでしょうか。
今回は視点を無歯顎者の顎堤から口腔粘膜に向けた下顎総義歯・吸着の臨床テクニッ クについてお話しします。また、今回の吸着テクニックを今の手持ちの材料や器材で 明日からすぐ使えるよう工夫しましたので、是非お試しください。さらに、歯科医師 ばかりではなく歯科技工士とペアーで参加いただければ、明日からの臨床にすぐに活 用できる情報が得られると考えています。            

以上


広島大歯学部に口腔保健学科新設へ '04/8/3中国新聞より

 高度な技術導入狙う

 広島大歯学部(広島市南区)は二日、国内初の口腔保健工学など二つの専攻からなる「口腔(こうくう)保健学科」(四年制)を来年四月に新設すると、発表した。既存の歯学部付属歯科衛生士学校と同歯科技工士学校(いずれも二年制)の廃止、改組に伴う措置。

 三年制に移行中の全国の歯科衛生士学校で不足が予想される教員の養成と、高度になっている生体工学などの技術導入が狙い。

 口腔保健工学専攻(定員二十人)では、CTスキャン(コンピューター断層撮影)などの画像をもとに歯やあご骨の修復をするなど、工学分野で進んでいる高度な手法を導入。歯科治療のレベルアップを図る。

 もう一つの口腔保健衛生学専攻(同)では、病院や学校で口腔ケア指導ができる、生理学や細菌学などに通じた人材を育成する。

 これで歯学部は、歯学科と合わせ二学科になる。入試は歯学科と同様、前期と後期日程に分かれ、来年二月と三月に実施する。

懇親会

左上
力強く杵をつく中西会長


少々へっぴり腰(?)の藤田会長


鳥取県技川島会長に法被を着せられる中西会長


中西しげあき君を励ます会



挨拶をする藤田 一朗 広島県歯科技工士連盟会長 


200名を超える方々に出席いただいた


自由民主党国会対策委員長 衆議院議員 中川秀直 先生
の秘書 鍛冶 外志嗣 様よりご挨拶いただいた。


熱弁をふるわれた中西日技連盟会長


福山地区歯科技工士会設立50周年記念式典

挨拶をする福山地区歯科技工士会 谷廣治清会長

5月9日(日)午前10時より福山アルシェにおいて福山地区歯科技工士会設立50周年記念式典が盛大に行われた。
当日は福山地区会員はもちろん、県下他支部・中ブロ各県からも出席頂き総勢100名以上の参加者を得た。

中西しげあき著「歯は心も体も元気にする」発行される



平成16年4月1日全国書店にて日技会長中西茂昭会長著作書籍が発刊されます。